血液サラサラ効果

すっぽんには優れた浄血作用があり、それによって血液はサラサラになり、代謝や免疫力をアップしてくれます。すっぽんでダイエット効果が得られるのは、血流促進が関係しています。

 

血液がサラサラになるとそれだけ血流も良くなりますよね。
ここでは、すっぽんの血液サラサラ効果についてお話しします。

 

不飽和脂肪酸の働き

 

すっぽんには不飽和脂肪酸が含まれています。不飽和脂肪酸はつまり、すっぽんの油にあたります。どんな生き物にも油はありますが、すっぽんの油にはリノール酸、α-リノレン酸、アラキドン酸などやDHA、EPAが含まれています。

 

これらの不飽和脂肪酸には、血中のコレステロールや中性脂肪を減らして血液をサラサラにする効果があります。血中に多くの中性脂肪やコレステロールが溜まっていると血液はドロドロになって、流れも必然的に悪くなってしまうのです。

 

そうした状態をすっぽんの不飽和脂肪酸は一気に解決してくれて、血液をサラサラに動脈硬化などを防いでくれます。

 

浄血作用で血液はサラサラに

 

すっぽんには優れた浄血作用があります。綺麗な血をつくり出す作用があるものを血剤と言いますが、すっぽんは血剤の中で最も有名な食べ物です。

 

すっぽんは、心臓や肝臓、腎臓を強くして、綺麗な血液を作るシステムを素早く作り上げるのです。

 

まずは、心臓の働きですね。心臓の働きをスムーズに活発にすることで、全身に綺麗な血液を送れるようにします。次に、肝臓です。肝臓は体内に入った食べ物の栄養素や成分を解毒する場所ですから、働きをスムーズにすることで、綺麗な血液を作れるのです。

 

そして、腎臓ですね。腎臓は老廃物を排出するのに機能する臓器です。老廃物は体内に留まることなく綺麗に排出することで血液は綺麗になるのです。

 

こうしたすっぽんの浄血作用によって、素早く綺麗な血液をつくり出すシステムは組み立てられて、先ほどお話しした不飽和脂肪酸の働きも加わって、ドロドロだった血液はみるみるうちにサラサラになっていきます。

 

血液がドロドロなことで冷え性などを引き起こす程度ならまだいいですが、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こす可能性も高くなりますから十分に気をつけなければいけません。

 

すっぽんの血液浄化作用によって代謝も体温も免疫力もアップすれば、年齢を重ねていても毎日元気に過ごせるはずです。すっぽんは滋養強壮の効果が有名ですが、その裏付けには、こうした浄血作用があったということなのです。