すっぽんの成分〜リノール酸

すっぽんには、不飽和脂肪酸が含まれています。

 

不飽和脂肪酸の中には青魚などに含まれるEPAやDHA、そしてリノール酸、αリノレン酸、アラギドン酸などが含まれており、そのうちのリノール酸が生活習慣病の予防に有効だと言われています。

 

ここでは、すっぽんに含まれるリノール酸についてご説明します。

 

リノール酸とは?

 

リノール酸と言う名前は、健康の分野で聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?
生活習慣病の防止効果があると言われており、不飽和脂肪酸の中でも注目されています。

 

リノール酸は、すっぽんの油に含まれている不飽和脂肪酸の一つで、人間の体内では合成できない栄養素であることから、すっぽんや他の食品から摂取するといいと言われています。

 

生活習慣病と言えば、糖尿病や動脈硬化など様々ですが、全てが血液や血管に関係していることばかりですね。つまり、リノール酸は血液や血管にいい影響を与えてくれる栄養なのです。

 

コレステロールと中性脂肪を下げる

 

すっぽんを食べると、血液がサラサラになると言います。それは、いくつかの栄養素の働きによって効果が出るものですが、中でもリノール酸は有効に働きかけてくれています。

 

年齢を重ねると、血中にコレステロールや中性脂肪が溜まることが多く、それが生活習慣病に発展することも多いですよね。それを予防するために、リノール酸は、血中のコレステロールや中性脂肪を減らし、血液をサラサラにしてくれる効果があるのです。

 

血液がドロドロになると、それだけ血圧も上がりますし,血栓ができたり、血管がつまるリスクが高まります。健康維持をするためには、血液をサラサラに保つ必要があります。

 

また、血液がドロドロになっていることで、老廃物や毒素が体内に溜まりやすくなり、疲労がなかなか抜けないと言った症状が起こります。疲れを溜めずに元気に過ごすためにも、リノール酸の働きは重要なものであり、他の栄養素のことも考えると、すっぽんで摂取するのが理想的です。

 

血液をサラサラにする栄養素として、不飽和脂肪酸のリノール酸はすごく注目されています。

 

運動不足解消や生活習慣の改善を基本に、すっぽんを食べることでリノール酸を摂取し、さらなる生活習慣病予防に努められてはいかがでしょうか?
なるべく、早いうちから対策をした方がいいですね。

 

生活習慣病なんてまだまだ先だと思っていると、もう手遅れだったと言う話もよく聞きます。
人ごとだと思わずに、自分ごととして受け止めて行くべきですね。