DHAとEPA

すっぽんの油である不飽和脂肪酸の中にDHAとEPAが含まれています。
DHAとEPAは健康の分野でも美容の分野でもよく聞く栄養名ですよね。

 

主には、青魚に多く含まれる栄養素ですが、すっぽんにもしっかりと含まれています。
ここでは、すっぽんを食べることで得られるDHAとEPAの効果についてお話しします。

 

DHAとEPAって何?

 

青魚の栄養素としてよく耳にするDHAとEPAは一体何者なのでしょうか?

 

まず、DHAの方の正式名はドコサヘキサエン酸と言います。DHAは、人間の脳や神経組織の中で働く成分であり、脳や神経を正常に動かすためには不可欠な成分です。

 

まぐろやかつおに含まれている不飽和脂肪酸のひとつです。脳の働きが悪いなと思った時に青魚を食べるといいという話を聞いたことがあるかとは思いますが、DHAの働きもあって、そのように言われているのです。

 

次に、EPAですが、正式名はエイコサペンタエン酸と言います。
EPAは、いわしやあじなどに含まれる不飽和脂肪酸のひとつです。

 

すっぽんには、DHAとEPAのどちらもの不飽和脂肪酸が含まれています。

 

DHAとEPAの効果とは?

 

まず、DHAには脳の働きや神経伝達の働きをスムーズにする作用があります。

 

脳を沢山使わなければ行けなかったり、神経を使うようなことが多い時は、DHAを多く摂ると、疲れが緩和されて記憶力や学習能力が向上します。
また、DHAは視力を改善する効果も期待できます。

 

眼精疲労による視力の低下には、DHAで対策するといいでしょう。

 

そして、EPAには血中のコレステロールと中性脂肪を減らす効果があります。
それによって、血流が良くなったり、動脈硬化などの生活習慣病を防止できます。

 

アレルギーや花粉症を予防する効果もあります。アレルギーや花粉症はプロスタグランジン、ロイトコリエンという物質が原因で起こることがおおいのですが、EPAにはこの2つの物質の働きを抑える効果があるのです。

 

コレステロールや中性脂肪を減らす効果は、実はDHAにもあります。すっぽんを食べることで、DHAとEPAが相互に体内で働いて、健康維持に向けて行ってくれます。

 

受験勉強中のお子様にも、たまにはすっぽんを食べさせてあげたり、サプリメントを飲ませてあげてはいかがでしょうか?青魚に含まれるDHAとEPAでもいいですが、他の栄養素も含めて、すっぽんはやはり素晴らしいので、すっぽんをおすすめします。